AGA治療には副作用はあるのでしょうか

AGA治療の副作用を知り、早めに対処を心掛ける

男性特有の脱毛症がAGAと呼ばれる男性型脱毛症なのですね。その男性型脱毛症を改善するためのAGA治療を受ける場合、知っておいた方が良い副作用というのもがあります。

AGAの治療に使用される薬はいくつかあるのですが、その薬によって副作用の出やすいものやそうでない物もあります。そういったものにも注目して今回はAGA治療の副作用についてご紹介していきます。

良い毛根の状態を解説中

PR:銀座HSクリニック/公式 AGA治療・薄毛治療のクリニック http://hsclinic.jp/

薬は体内の肝臓で代謝される、そのため肝機能障害に注意する

どんな薬やサプリメントでも体外から体内に取り入れたものは、肝臓で代謝をされます。そのため薬によっては肝機能に影響を及ぼすものもあるのですね。

病院などで処方されたものに関しては副作用に気を付ける為、数カ月ごとに採血をして肝機能を確認することもあります。肝機能が悪くなると、体がだるくなる、疲れやすくなるといった症状が出来るので注意が必要です。

男性機能に障害が出ることもある

男性型の脱毛症を治療する薬ですから、男性ホルモンに影響することが考えられますよね。そのため副作用も男性機能に影響及ぼす可能性もあるのです。

例えばその一つが性欲減退。また勃起力が低下するなどといったことです。これらの副作用が出ると男性としてショックを受けることは間違いなしです。

しかし副作用が現れる可能性というのは誰にでもあることなので、あらかじめAGA治療薬でそのような副作用の可能性がある場合は、医師に確認をしておくことが大切です。

頭皮のかゆみや赤みといった症状が出ることも

AGA治療で外用薬を使用することもあります。これはローションなどを頭皮に直接塗り込む方法。そのため肌に合わない人は、頭皮にかゆみが出たり赤くなったりすることがあるのですね。

これは一種のアレルギー、または接触性皮膚炎と呼ばれる物。そのため頭皮の状態に気を付けておく必要があります。

『AGA治療には副作用はあるのでしょうか』のまとめ

AGA治療を行う時には、様々な薬を用いますが、どの薬でも体に合うとは限りません。副作用に関する知識を持ち、なんかおかしいなと思った時にはすぐに対処が出来るようにすることが大切です。