AGA治療は具体的にどんなものがあるの?

AGA治療では、具体的にはどんなことをするの?

男性に多いAGA。生え際や頭頂部の薄毛が目立つのが特徴で、3人に1人はこのAGAで悩まされているといわれています。ですがAGAは、クリニックなどで治療することが可能。

具体的にはどのような治療法があるのか、紹介していきます。

育毛剤を頭皮に塗布してもらっている男性

内服薬や外用薬を使用する

多数あるAGA治療の中で、特に人気なのが内服薬や外用薬によるものです。金銭的・身体的な負担も少ないため、多くの人が気軽に受けられる治療法といってもよいでしょう。

プロペシア

内服薬でよく使用されているのが、プロペシアです。2005年から日本でも使われるようになり、厚生労働省もその効果を認めています。

AGAは、男性ホルモンによってジヒドロテストステロンが作られることにより引き起こされます。ジヒドロテストステロンは髪の育成に欠かせない毛母細胞の働きを阻害するため、それが薄毛に繋がるのです。

プロペシアでは、ジヒドロテストステロンに着目。有効成分であるフィナステリドがジヒドロテストステロンが増えないようサポートしてくれるので、薄毛のリスクを下げることができます。

ロゲイン

ロゲインは、外用薬に分類されるものです。ミノキシジルが配合されており、血管を広げる作用があるため、薄毛の原因となる頭皮の血行不足を解消し、髪の成長を促してくれます。

液状のものや泡になっているものなど、様々なタイプがあるのもロゲインの特徴。薬の服用はちょっと…という方にもおすすめです。

自毛植毛

薬で思うような効果を得られない場合は、思いきって自分の髪を植毛するという方法もあります。AGAの場合、生え際や頭頂部以外の部分はフサフサのケースが多いので、そのフサフサの部分の髪を薄くなっている場所へ移植します。

頭皮に若干の傷をつける必要があるため、傷跡が残ることもありますが、髪を増やせる確実な方法ともいえます。近年では特殊な器具を使うことで傷が残らない自毛植毛もあるので、自毛植毛を希望される場合は慎重にクリニックを選ぶとよいでしょう。