AGA治療にはどのくらいの期間がかかるの?

AGA治療には、効果が表れるのに最低6ヶ月かかり、症状を抑えるにはその後も治療を継続しなければならない。

ブラシに沢山絡まっている抜け毛

現在、日本の男性の4割以上の方が、AGA(男性型脱毛症)を発症されています。AGAは、いわゆる「薄毛」や「ハゲ」といった状況のことで、男性にとっては避けては通れない悩みです。

そんなAGAですが、近年は、ミノキシジル等の成分を配合した外用薬や内服薬の登場により、治療できるものに変化してきました。

ですから、薄毛に悩まされている皆さんの中には、これからAGAを治療していきたいと思われている方もいるのではないでしょうか。

そういう方にとって、AGA治療にどのくらい期間がかかるのかというのは、気になるポイントだと思います。そこで、今回は、AGA治療にどのくらいの期間がかかるのかを紹介するので、参考にしてください。

最低6ヶ月は治療を続けよう

AGA治療にどのくらいの期間がかかるのか?これに対する答えは、ズバリ最低6ヶ月です。最低6ヶ月というのは、AGA治療の効果が出てくるのに6ヶ月はかかるということです。

6か月未満では、個人差もありますが、目に見える効果が出にくいとされています。したがって、なかなか効果が出ないからと言って、6か月未満でAGA治療をストップしてしまうのはよくありません。

AGA治療を開始してから、半年にわたって効果が出にくいというのは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの働きを抑え、毛髪が成長しやすくなる環境を整えるのに、時間がかかることによるものです。

特に、AGAに長期に渡り悩まされてきた方ほど、効果が出るまでに時間がかかります。いずれにせよ、AGA治療を始めてから、ほんの数か月で髪の毛がふさふさになるというイメージは捨てた方が良いでしょう。

そうではなく、長期間コツコツ治療を続ける姿勢を大事にするべきなのです。

AGAが改善しても治療は継続する必要がある

AGAは、治療によって症状が改善したからと言って、そこで治療をストップして良いものではありません。というのも、AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、常に生成され続けるので、治療をやめると、またジヒドロテストステロンによる影響を受けて薄毛が進行してしまうのです。

したがって、薬の服用などは、症状が気になるうちはずっと続ける必要があるのです。

『AGA治療にはどのくらいの期間がかかるの?』のまとめ

ここまでお伝えしたように、AGA治療は、効果が表れるのに最低6ヶ月かかり、症状を抑え続けるには、その後もずっと治療を継続する必要があり、粘り強い治療が求められるのです。